NEWSお知らせ

玄米を美味しく食べるには

2018年11月18日

こんにちは。前回、玄米に注目したお話をしたのですが…美味しく炊けない!そもそも面倒くさくて実践したくない!と、思われた方もいるんじゃないかな~と思いましたので(^^;)
 今回は、玄米を①上手に炊く、②手軽に炊く、③食べやすく炊くポイントを紹介したいと思います♪
 では、まず普通に炊飯する時の①上手く炊く方法☆
 ポイントは4つあります(^^)
 まず、洗う時に強い力を加えないことです。白米の時によくやるボール等に強く押し付けて洗い方のではなく、両手をすり合わせるようにして汚れを落とす感じで洗ってください。
 強い力を加え、粒が割れてしまうと炊き上がりにベトつきがでてしまい、食感を損ねてしまいますよ(^-^)
 そして2つ目は、12時間以上冷蔵庫で浸水させることです。
 途中で2、3回お水を替えてくださいね(^^)
 3つ目は、浸水に使った水は炊く前に必ず交換することです。これで、水に移ったぬか臭さをしっかり取り除くことができます♪
 最後は、炊く前に塩とお酒を加えることです。
 塩は1合に対して1つまみ入れることで給水がアップし、お酒は大さじ1/2を加えると匂いが和らぎより食べやすくなりますよ(*^^*)
 次に②手軽に炊く方法をご紹介。
 さすがに12時間浸水+水を数回交換…は手間がかかって無理!という方は「煎り玄米」をぜひお試しください♪
 作り方は簡単!
 玄米を洗ってざるに上げ、しっかり水気を切って中火で15分ほど煎る♪
 粒がパチパチとはじける程度に煎って、カリッとした食感になれば完成です。
 そのまま食べても良いですし、スープにクルトンのように入れても美味しいです♪白米にまぜて炊くこともできますよ(^^)
 ちなみにこの煎り玄米、冷蔵庫で2週間、冷凍庫で1か月保存可能です。
 さて、最後は③食べやすく炊く方法。
 独特のパサつきとクセがある玄米、白米やもち米と混ぜて炊くとその食感がすこし和らぎ食べやすくなりますよ(*^^*)
 白米と混ぜるなら、玄米と同量を合わせ12時間浸水の後、鍋炊飯で1.4倍の水加減で炊いてください。
 もち米と混ぜるなら、玄米5に対しもち米1の割合で。
 同じく12時間浸水の後、鍋炊飯で1.5倍の水加減で炊いてください。
 以上のが玄米を美味しく食べる方法です♪
 しっかり浸水させることが1番のポイントかなぁと思いますが、その浸水が要らない煎り玄米!特にお試しいただきたい方法です(*^^*)
 糖質オフをしている方も、やはり適度に必要な糖質。
 どうせ食べるならよりダイエットに効果的かつカラダに良い物を☆
 食べ物の研究も日々新しい発見の連続でたくさんの情報が発信されています!今後も、新しい情報を皆さんにご紹介していきたいと思っています(^^)