NEWSお知らせ

玄米

2018年11月18日

こんにちは。
 今回は「玄米」についてご紹介しようと思います。
 玄米と言えば、少し前の「低インスリンダイエット」の流行の時や、食物繊維の多い糖質などとして、度々注目されていますよね。
 「じゃあ何で今さら?」と思った、日ごろ健康やダイエットに興味をお持ちの方にこそ知っていただきたい!新しく発見された玄米の効果があるんです♪
 もちろん、玄米に今まで興味が無かった方にも耳より情報ですので、ぜひ読み進めてみてください(^^)
 さて、なぜ今玄米に注目が集まっているか、というと…
 「やせる脳とカラダをつくる!」
 …というダイエット効果を持つ玄米特有の成分が発見されたからなのです!これは気になっちゃいますよね(*^^*)
 その成分の名前は「γオリザノール」というものです。
 米ぬかや胚芽の脂質に含まれ、抗酸化作用を持つ植物ステロイドの一種で、医薬品としてコレステロールの吸収抑制、更年期障害や自律神経失調症による不定愁訴などの治療にも用いられているそうです。
 このγオリザノールは2つの働きで肥満を招く食行動を変える効果があります。
 まず、1つ目は食欲の暴走を抑える働きです。
 動物性脂肪への強い欲求を抑えるほか、食欲を抑えるレプチン、逆に食欲を増進させるグレリンというホルモンの働きを正常にする働きがあります。
 そして2つ目は脳内のドーパミンの効きを良くすることで、食後の満足感を高める働きです。
 以上の2つの効果がカラダに働きかけることで、食事による満足感を高め、いわゆる「やせる脳」になるというわけです(^^)
 また、γオリザノールは膵臓の機能を高め、さらにインスリンの働きをよくして糖の代謝を促します。さらに、インスリンの働きを阻害するホルモンも抑制する効果も発見されています。この効果により、玄米食において食後の血糖値のすみやかな低下が確認されているんですよ(^-^)
 さらに、γオリザノールには腸内細菌のバランスを改善する働きもあるそうです。また、食物繊維とともに消化管からの脂質吸収を阻害することもわかっているそうで…
 すごいぞ!玄米!!
…と、思わず言っちゃいたくなります(>_<)
 でも、玄米ってパサパサして食べづらいし、手間がかかる(-ω-;)と、思う方もいますよね。
 今は手軽に炊けるようにして販売しているものもありますよ♪ぜひお米売り場を覗いてみてください。
 また、美味しく炊く方法など、炊かずに煎って使う方法もあります。
 機会がありましたら、またここでご紹介できたらと思います(^-^)